なつかしの香港映画ブログ

香港映画の見所を紹介するブログ。リンクも楽しめます

『酔拳』の「食堂のシーン」

ジャッキー・チェン『ドランクモンキー 酔拳』。面白い奴がいっぱい出てくる「食堂のシーン」を振り返る。飛鴻と蘇化子が出会い、一緒に食い逃げ(悪)。食堂の用心棒のドジっぷりも楽しい。「なつかしの香港映画ブログ」。

1.断食

f:id:wcwgold:20210701183809j:plain

カンフー道場のドラ息子、黄飛鴻(コウ・ヒコウ)。オヤジを怒らせてしまって「断食の罰」。逃げ出した飛鴻はカネもないのに食堂で大量に注文。

2.店員

f:id:wcwgold:20210701183833j:plain

やたら愛想がいい、歯男の店員。ニコニコ笑顔で飛鴻の注文を聞く。

3.相席

f:id:wcwgold:20210701183914j:plain

相席の男に話しかける飛鴻。赤唐辛子をつまみ食い(ドジ)。

4.バカ食い

f:id:wcwgold:20210701183942j:plain

注文した料理(字幕版と吹替版ではメニューが違う)を一気に平らげる(実際には、そんなに食えないと思うけど)。

5.作戦

f:id:wcwgold:20210701184034j:plain

食い逃げしようとする飛鴻。店員(チョウ・ユンファっぽい顔)にバレバレのウソをつく。

6.用心棒

f:id:wcwgold:20210701184057j:plain

食堂を守る筋肉マン(声:ジャイアン)。ズッコケた飛鴻を痛めつけて、食ったものを吐かせる(「吐くシーン」はTV版ではカットされた)。

7.酔っぱらい

f:id:wcwgold:20210701184124j:plain

飛鴻を助ける赤鼻の男(ユエン・シャオティエン)。雑巾で食堂の用心棒&店員を倒す。飛鴻は肉マンを盗み食いし、食堂の主人を痛めつける(「痛めつけるシーン」はTV版ではカットされた)。

8.逃走

f:id:wcwgold:20210701184205j:plain

食堂の店員をハリ倒して逃げる飛鴻&酔っぱらい。この「酔っぱらい」は蘇化子(ソカシ)という「酔拳」の達人。この後、蘇化子のキツい特訓が始まる。

コメント
「笑い」と「カンフー」が合体した傑作。面白いのが字幕版とTV吹替版ではセリフが違うところ。しゃべっていないシーンでも吹き替えでは声が流れたり、翻訳自体が違ってたりする(適当に訳してる?)。字幕もVHSとDVDで違いがあります(バージョンが多すぎる。マニアの人は全部持っているんですかね?)。無銭飲食しようとする飛鴻。さっきまで笑顔だった店員が豹変。飛鴻を袋叩きにしようとする。店の主人は「食ったものを全部吐いてもらう」などと言う(汚い。店の中で吐かせるのか?)。用心棒の男は李春華(リー・チュンワー:何か美人っぽい名前。『死亡の塔』『ツーフィンガー鷹』ほか)。食堂の人たちは悪くないんですけどね。飛鴻、蘇化子、食堂の客全員が食い逃げ。逆に痛めつけられて大損する食堂の人たち。でも、ズルそうな表情してたから、それでいいのかも。
----------
オススメ映画を紹介するブログです。リンクも参考になれば幸いです。