なつかしの香港映画ブログ

香港映画の見所を紹介するブログ。リンクも楽しめます

ジャッキー・チェンの「求職活動」

『クレージーモンキー 笑拳』『ジャッキー・チェンの醒拳』の面白シーン。ディーン・セキとジャッキーのやりとりが楽しい。セコい店主に若者がウンザリする場面に特に注目です。「なつかしの香港映画ブログ」。

『クレージーモンキー 笑拳』

f:id:wcwgold:20210903170352j:plain

1.若者
カンフー使いのシンロン(ジャッキー・チェン)。祖父(ジェームズ・ティエン)に忠告されてマジメに働くことに。

2.棺桶屋
なぜか棺桶屋で働こうとするシンロン。店主(どうやらオーナーではないらしい:ディーン・セキ)から「棺桶の売り方」を習う。なかなかテキトーなことを言う店主。服装で客を判断。貧しい客にはボロい中古品を売れ、とシンロンに指導。しかも、一括払い。「分割払いはお断り」とのこと。その店にある最高級品は自分用。材質は最高で、放射能も防げる。換気扇を中に取り付けたら生きてる人間も中で快適に過ごせる。三人は入れるほどのサイズ、などとホザく店主。お前も入ってみろ、と店主に誘われたシンロンはドジをコイて逃走。

3.コメント
見所が多い『笑拳』。このシーンは比較的地味な雰囲気。しかし、このシーンはその後のシーンの前振りなので重要なのです。ディーン・セキのマヌケな店主ぶり。その後に「メガネのオッチャン」キャラを演じるリー・クンが登場するカンフー道場のシーンにも注目です。
----------
ジャッキー・チェンの醒拳』

f:id:wcwgold:20210903170410j:plain

1.若者
カンフー使いのロン(ジャッキー・チェン)。ヒマを持て余してトラブルを起こす。父(ジェームズ・ティエン)に忠告されて職を探すことに。

2.食堂
食堂で仕事を求めるロン。繁盛している店。店主(ディーン・セキ)はロンを客だと勘違いし、愛想笑い。「職探し」だというのがわかって、態度をコロッと変える。なかなかセコい店主。従業員をコキ使って儲けているらしい。労働条件は、1年目は無給の見習い、2年目は無給の実習、2年目は(店への)恩返しで無給、とのこと(「ブラック企業」というか「ブラック食堂」)。早速、その場で働くことになったロン。人使いが荒い店主はオーバーアクションしながら「お勘定」「食器の片づけ方」をロンに教える。食器を割ったら弁償するシステム(ちっこいソロバンで減給額を計算する店主)。やっぱり、ってな感じでロンがやらかす。店主とロンはどうなるのか?

3.コメント
『笑拳』の未使用フィルムで製作された『醒拳』。なぜ「食堂のシーン」じゃなくて「棺桶屋のシーン」の方が『笑拳』に使われたのだろう? ディーン・セキ演じる店主が態度をコロッと変える時の演技が最高。この映画は「ジャッキー本人が登場するシーン」がオススメですが、偽ジャッキーが出てくるシーンもそれなりに面白い。「コメディ作」と割り切れば楽しめる作品です。
----------------
オススメ映画を紹介するブログです。リンクも参考になれば幸いです。
『クレージーモンキー 笑拳』

www.youtube.com

    
ジャッキー・チェンの醒拳』

www.youtube.com

『酔拳』の「食堂のシーン」

ジャッキー・チェン『ドランクモンキー 酔拳』。面白い奴がいっぱい出てくる「食堂のシーン」を振り返る。飛鴻と蘇化子が出会い、一緒に食い逃げ(悪)。食堂の用心棒のドジっぷりも楽しい。「なつかしの香港映画ブログ」。

1.断食

f:id:wcwgold:20210701183809j:plain

カンフー道場のドラ息子、黄飛鴻(コウ・ヒコウ)。オヤジを怒らせてしまって「断食の罰」。逃げ出した飛鴻はカネもないのに食堂で大量に注文。

2.店員

f:id:wcwgold:20210701183833j:plain

やたら愛想がいい、歯男の店員。ニコニコ笑顔で飛鴻の注文を聞く。

3.相席

f:id:wcwgold:20210701183914j:plain

相席の男に話しかける飛鴻。赤唐辛子をつまみ食い(ドジ)。

4.バカ食い

f:id:wcwgold:20210701183942j:plain

注文した料理(字幕版と吹替版ではメニューが違う)を一気に平らげる(実際には、そんなに食えないと思うけど)。

5.作戦

f:id:wcwgold:20210701184034j:plain

食い逃げしようとする飛鴻。店員(チョウ・ユンファっぽい顔)にバレバレのウソをつく。

6.用心棒

f:id:wcwgold:20210701184057j:plain

食堂を守る筋肉マン(声:ジャイアン)。ズッコケた飛鴻を痛めつけて、食ったものを吐かせる(「吐くシーン」はTV版ではカットされた)。

7.酔っぱらい

f:id:wcwgold:20210701184124j:plain

飛鴻を助ける赤鼻の男(ユエン・シャオティエン)。雑巾で食堂の用心棒&店員を倒す。飛鴻は肉マンを盗み食いし、食堂の主人を痛めつける(「痛めつけるシーン」はTV版ではカットされた)。

8.逃走

f:id:wcwgold:20210701184205j:plain

食堂の店員をハリ倒して逃げる飛鴻&酔っぱらい。この「酔っぱらい」は蘇化子(ソカシ)という「酔拳」の達人。この後、蘇化子のキツい特訓が始まる。

コメント
「笑い」と「カンフー」が合体した傑作。面白いのが字幕版とTV吹替版ではセリフが違うところ。しゃべっていないシーンでも吹き替えでは声が流れたり、翻訳自体が違ってたりする(適当に訳してる?)。字幕もVHSとDVDで違いがあります(バージョンが多すぎる。マニアの人は全部持っているんですかね?)。無銭飲食しようとする飛鴻。さっきまで笑顔だった店員が豹変。飛鴻を袋叩きにしようとする。店の主人は「食ったものを全部吐いてもらう」などと言う(汚い。店の中で吐かせるのか?)。用心棒の男は李春華(リー・チュンワー:何か美人っぽい名前。『死亡の塔』『ツーフィンガー鷹』ほか)。食堂の人たちは悪くないんですけどね。飛鴻、蘇化子、食堂の客全員が食い逃げ。逆に痛めつけられて大損する食堂の人たち。でも、ズルそうな表情してたから、それでいいのかも。
----------
オススメ映画を紹介するブログです。リンクも参考になれば幸いです。 

『女子跆拳群英會 (The Dragon Tamers)』の予告編

『ドラゴン太極拳』のカーター・ワン、『死亡遊戯』の池漢載が出演している1975年の香港カンフー映画。カーターが気合いの入ったカンフーで戦う。女性カラテ家も登場。その予告編を紹介。動画のリンクも貼っています。「なつかしの香港映画ブログ」。

(内容)
二人の格闘家が競い合い、協力して悪党たちと戦う。

f:id:wcwgold:20210530115416j:plain

(予告編の主な内容)
・女カラテ
・りりしい表情のカーター
・カーターと池の戦い
・女に襲われるカーター
・風呂場でケンカする女たち
・女にぶっ飛ばされるジェームス・ティエン
・ラブシーン

(コメント)
カーター・ワン、池漢載(チー・ハンサイ)、ジェームス・ティエン、日本の小林千枝、西条奈美、原啓子、かわいい感じのヒロイン(?)、よく知らない女たち、悪役っぽい男が登場するシリアスな感じのカンフー映画ジョン・ウーが監督したそうで、日本では『龍を征する者』と呼ばれている日本未公開作。配役がよくわかりませんけれども、カーター・ワンが主役みたい。こういう映画で重要なポイントはカンフーのシーン。動きが速い池漢載(早回し?)。気合いの入った表情のカーター・ワン。女カラテ家たちの腕前は微妙。コメディなら面白く吹き替えれば楽しくなりますが、こういうシリアス劇は日本でウケるかどうか。マジメな人たちで作られた(ような気がする)カンフー作。カーター・ワンのファンとしては日本語字幕つきDVDで観てみたいです。
----------
オススメ映画を紹介するブログです。リンクも参考になると思いますので、ご利用ください。

  

「Fortune Star Media」が提供する予告編(Youtubeの動画です)。

www.youtube.com

『摩登衙門 (Oh! My Cops!)』の予告編

「香港の高木ブー」ケント・チェン、『五福星』の「マジメ」が出演している1983年の香港の刑事物コメディ映画。よーしゃべる男たちがドタバタする、よくわからない映画。その予告編を紹介。動画のリンクも貼っています。「なつかしの香港映画ブログ」。

(内容)
刑事たちが捜査する。

f:id:wcwgold:20210520095430j:plain

(予告編の主な内容)
・銃撃戦
・ボロボロの車
・騒々しい男ども
・火事

(コメント)
ケント・チェンジャッキー・チェンの『新ポリスストーリー』でおなじみの太っちょ(人相悪すぎ。悪役か刑事役か、というキャラ。『新ポリスストーリー』では悪徳刑事役だった)。『五福星』の「マジメ」ことフォン・ツイファン(マジメな顔してマヌケな役をやる人)も登場。予告編を観た感じだと、言葉がわからないので「面白そう」という印象は無し。男の刑事らがベラベラよくしゃべってドタバタしている内容。地味なキャスティング。ヒロイン(?)も微妙。香港ではヒットしたのか? 『五福星』と比べると非常にマイナー感あふれる作品。日本語字幕付きでDVD化される可能性はないでしょうね。(オリジナルのセリフを思いっ切り無視したりするなどして)面白おかしく日本語吹き替えにしてTV放送またはDVD化して欲しいものです。
----------
オススメ映画を紹介するブログです。リンクも参考になると思いますので、ご利用ください。

  

「Fortune Star Media」が提供する予告編(Youtubeの動画です)。

www.youtube.com

『無招勝有招 (Crazy Couple)』の予告編

「香港の喜劇王(?)」ディーン・セキ主演の香港カンフー&コメディ映画(1979年)。出演者たちがわざとらしいオーバーな表情(&女装)とありがちなカンフーを見せる内容。その予告編を紹介。動画のリンクも貼っています。「なつかしの香港映画ブログ」。

(内容)
カンフー対決。

f:id:wcwgold:20210517185352j:plain

(予告編の主な内容)
・女装
・オーバーアクション&変顔
・女カンフー
・ヘンな女
・地面にめり込む
・タコ
マイティ井上ばりのサマーソルトドロップ

(コメント)
ストーリーはややこしい感じ(配役がよくわからないため説明が難しい)。でも、悪役を倒す、というコンセプトはどのカンフー映画でも変わらない。キャスティングに力が入っている作品。ジャッキーやサモ・ハン作品でおなじみのディーン・セキ、 フォン・ハックオン、エリック・ツァン、リリー・リー(『ヤングマスター 師弟出馬』)が登場(他にも香港映画でちょいちょい見かける顔が)。ディーン・セキがわざとらしいぐらいのオーバーな表情で笑いを取ろうとしたり、カンフーで戦ったりする内容。そのため非常にマニアックな感じがする作風になっています。日本語字幕付きでDVD化される可能性はないでしょうねぇ(昔だったら深夜放送されたかも)。こういう映画を面白おかしく日本語吹き替えでTV放送またはDVD化して欲しいものです。
----------
オススメ映画を紹介するブログです。リンクも参考になると思いますので、ご利用ください。

  

「Fortune Star Media」が提供する予告編(Youtubeの動画です)。

www.youtube.com

『天生寶一對 (Happy Union II)』の予告編

(個人的に)全く知らない人たちが出演している1985年の香港コメディ映画。顔にケーキをぶつける、池に落ちてずぶ濡れになる、コケる、などのベタなギャグを見せる内容。その予告編を紹介。動画のリンクも貼っています。「なつかしの香港映画ブログ」。

(内容)
ドジな男がドジる。

f:id:wcwgold:20210514085424j:plain

(予告編の主な内容)
・どんくさい警備員と万引き犯
・少年野球
・ヘタな美容院
・テーマ曲(?)

(コメント)
ぬるい感じのコメディ。ヘンな警備員と少年の交流を描いた内容らしい。「1985年の作品」ということですが、映像が古い(公開が1985年で、製作は70年代なのかも)。主役は「サングラスにヘンに長い髪の警備員」。デパートに勤務。堂々と商品を盗んでいく万引き犯。マネキンにぶつかるドジな警備員。野球を楽しむおぼっちゃま。美容院のマヌケな店員は女性客の頭にケーキを乗せる。オッチャンが顔をケーキに食らい、ひっぱたかれるアクシデント(わざと?)。警備員の髪が燃えたり、マヌケな女装をしたり、プールに転落、感電、柱に激突、滑る、転落、わざとらしい表情でウケ狙い。少年が転落するハラハラするシーンも。ジョン・ウーも出ている作品。妙にケーキ&クリームを使うシーンが多い。有名スターが出ていないので日本語字幕付きでDVD化される可能性はゼロに等しい(出たりして)。予告編を見れば充分かも。
----------
オススメ映画を紹介するブログです。リンクも参考になると思いますので、ご利用ください。

  

「Fortune Star Media」が提供する予告編(Youtubeの動画です)。

www.youtube.com

『四大門派 (The Shaolin Plot)』の予告編

日本では『必殺!少林寺武芸帳』と呼ばれる、ジェームズ・ティエン、カサノバ・ウォン、サモ・ハン・キンポー出演の1977年のカンフー映画。シンバル型の武器、カサノバのキックが迫力。その予告編を紹介。動画のリンクも貼っています。「なつかしの香港映画ブログ」。

(内容)
ある武術家が全ての格闘技道場を傘下に入れるため、腕の立つ者を送り込んだり、罠を仕掛けたりする。

f:id:wcwgold:20210506233508j:plain

(予告編の主な内容)
・本格的なカンフー
カサノバの連続キック
・バク転
・個性的な武器

(コメント)
正統派の少林寺カンフーもの映画。何とテレビで放送されたことがあるとか(観たことがない。残念)。サモ・ハンが悪役でシンバルみたいな武器を使う。ジェームス・ティエンが主役らしい。親を倒されて復讐をする役どころ。アクション的にはカサノバ・ウォンのキックに注目(予告編でも観れます)。テレビでやったのにDVDは出てません(出てますか?)。ストーリーも良さそうだし、キャストも充実(『少林寺木人拳』のカム・コンも登場)。なぜ日本版DVDが出てないんですか? 日本語吹き替え付きでDVD化されて欲しいですね。
カサノバ・ウォン:『死亡の塔』ほか。日本では未公開、未DVD化作品多数。キックが得意なテコンドー系のカンフースター。笑うと「明石家さんま」ソックリになるので、シリアスな表情の方が似合う(ような気がする)。
----------
オススメ映画を紹介するブログです。リンクも参考になると思いますので、ご利用ください。

  

「Fortune Star Media」が提供する予告編(Youtubeの動画です)。

www.youtube.com