wcwgoldの映画スター・ブログ

俳優・人物にスポットを当てるブログです。

『香港発活劇エクスプレス 大福星』(1985年)「主な出演者」と「注目ポイント」

(あらすじ)香港警察特捜部と五人組が「日本に逃亡した香港の汚職警官」を追うアクション・コメディ映画。サモ・ハンジャッキー・チェン、ユン・ピョウの「香港ビッグ・スリー」が迫力あるアクションとユーモラスなギャグを見せてくれる傑作です。

f:id:wcwgold:20200315234532j:plain

『香港発活劇エクスプレス 大福星』

1.マッスルジャッキー・チェン
香港警察特捜部の刑事。日本に逃亡した香港の汚職警官(ラム・チェンイン)を追う。

2.リッキー(ユン・ピョウ)
香港警察特捜部の刑事。マッスルの相棒。富士急ハイランドで忍者に頭を殴られ、さらわれてしまう。

3.ウー刑事(シベール・フー)
香港警察特捜部の刑事。通称「フラワー」。マッスルとリッキーを援護するため、五人組と来日。五人組のしょーもないイタズラの被害に遭う。
(続編『七福星』でも同じ役で登場。『群狼大戦』での危険なアクションが有名。)

4.「かかし組」のボス(ポール・チャン)
面白い名前の組のボス。日本人の組織なのか、チャイニーズマフィアなのかは不明。
(香港映画でおなじみの人。『スパルタンX』ではユン・ピョウの父親を演じた。)

5.壺振りの女(西脇美智子)
「かかし組」の女。筋肉カンフーを使う。
(「ボディビル界の百恵ちゃん」。シベール・フーを睨むシーンが迫力。)

6.キッドサモ・ハン・キンポー
五人組の一人。囚人だったが、マッスルの援護のため早期釈放。カンフーが得意。

7.ひげ(スタンリー・フォン)
五人組の一人。ドジな強盗。歯科医を襲うが、浮気相手と間違えられて殴られる。
(『福星』シリーズのレギュラー。『新Mr.Boo!アヒルの警備保障』では身分を隠して警備会社に入社する社長の息子役を演じた。)

8.クレイジー(リチャード・ン)
五人組の一人。精神病院を出て、キッドたちと合流。念力の研究をしている。
(『福星』シリーズのレギュラー。『Mr.Boo! ミスター・ブー』、ジャッキーの『奇蹟 ミラクル』では警官役を演じた。『Pom Pom 新ポリス・ストーリー』ではジョン・シャムの相棒役。)

9.二枚目(チャールズ・チン)
五人組の一人。ガムに爆薬を仕込んで宝石を盗む奴。クールを気取っているが、「ひげ」に冷やかされると冷静さを失う。モテそうでモテないナルシスト・タイプ。
(『福星』シリーズのレギュラー。)

10.チビエリック・ツァン
五人組の一人。コカコーラの工場で働く。虫がトランプに止まった奴が勝ち、という謎のポーカー(アフリカ式ポーカー)を楽しむヘンな男。
(『福星』シリーズのマヌケなキャラとは違って、サミュエル・ホイ『悪漢探偵』を監督するなどの実績がある香港映画界の大物。アラン・タム『魔界天使』、ジャッキー・チェン『アクシデンタル・スパイ』など出演多数。)

(注目ポイント)オープニング:時代錯誤「幸運序曲 大福星のテーマ」(コントみたいなミュージックビデオ)、マッスルとリッキーが駅で汚職警官(ラム・チェンイン)を尾行し、車で追跡するシーン、「富士急ハイランド」での忍者との戦い、五人組のキャラクターとマヌケっぷり(ヤン・スエがチョイ役で登場)、「しばり組」「寝そべり組」、日本家屋での覆面の暴漢たちとの対決、「かかし組」の賭場、富士急ハイランドの「お化け屋敷」のシーン(アラレちゃん)、最後の対決「香港警察、五人組 vs かかし組(ディック・ウェイ、ラム・チェンイン、西脇美智子、眼帯の男)、エンディングの歌とNGシーン。