なつかしの香港映画ブログ

香港映画の見所を紹介するブログ。リンクも楽しめます

ブルース・リー

『燃えよドラゴン』のちょっと気になるシーン

不朽の名作、ブルース・リー『燃えよドラゴン』。リー以外にも気になる出演者が多数登場(サモ・ハン、ジャッキー・チェン、ユン・ピョウら)。有名な珍シーン、アーナ・カプリの8ミリ映像、メイキング映像も少し紹介。「なつかしの香港映画ブログ」。 1.…

ブルース・リー『死亡の塔』 小ネタ集

面白い演出とアクションが楽しい『死亡の塔』。この記事では「珍シーン」を紹介。ブルース・リーのバッタモン、明石家さんまみたいな格闘家、怪しい厚化粧の女、ムキムキなターザン男、マヌケなやられ方のタコ入道と黒幕、ほか。「なつかしの香港映画ブログ…

ブルース・リーの面白シーンを紹介

伝説の「闘神」、ブルース・リー。本当に武術ができる強い人。迫力のある格闘シーンばかりではなく、ユーモラスなシーンも。『ドラゴン危機一発』から『死亡遊戯』まで、リーの「面白シーン」をまとめて紹介します。「なつかしの香港映画ブログ」。 ①『ドラ…

ブルース・リーの名勝負を振り返る

「闘神」と呼ばれるブルース・リー。映画の中だけではなく、実際に強かった男。そんなリーの戦いのシーンを振り返る。チャック・ノリス、サモ・ハン・キンポーらが登場。『ドラゴン危機一発』から『死亡遊戯』まで。「なつかしの香港映画ブログ」。 ①『ドラ…

『クロウ/飛翔伝説』「ストーリー&見所紹介」

(The Crow:1994年)ブランドン・リー主演。悲惨な殺され方をした男がカラスの霊力で甦って復讐するアクション映画。メイク、激しい怒りと復讐のシーン、孤独な少女、邪悪すぎる悪党たちが見せ場の名作。「なつかしの香港映画ブログ」。 1.復活一年前、チ…

『ラピッド・ファイアー』「ストーリー&見所紹介」

(Rapid Fire:1992年)ブランドン・リー主演。学生がアメリカ人ギャングとアジア人ギャングのヘロイン取引をめぐる争いに巻き込まれるアクション映画。ガンアクションとブランドンのカンフーが見れる傑作。「なつかしの香港映画ブログ」。 1.アジアの麻薬…

『死亡遊戯』「ストーリー&見所紹介」

(Game of Death:1978年)ブルース・リー出演。アクション俳優がシンジケートの殺し屋たちと対決するカンフー・アクション映画。「リーが撮影した格闘シーン」と「後から作られたシーン」をくっつけた苦心作。「なつかしの香港映画ブログ」。 1.テーマ曲…

『燃えよドラゴン』「ストーリー&見所紹介」

(Enter the Dragon:1973年)ブルース・リー出演。少林寺の高弟が「家族と少林寺の名誉」を汚した男と対決するカンフー・アクション映画。リーのカンフー、格闘大会、悪の独裁者、怪しい女、鏡の部屋が見せ場の名作。「なつかしの香港映画ブログ」。 1.少…

『ドラゴンへの道』「ストーリー&見所紹介」

(The Way of the Dragon:1972年)ブルース・リー、チャック・ノリス出演。いとこがローマで経営するレストランをカンフーの達人がマフィアから守ろうとするカンフー・アクション映画。戦い、イタリアの名所、が見せ場の名作。「なつかしの香港映画ブログ」…

『ドラゴン怒りの鉄拳』「ストーリー&見所紹介」

(Fist of Fury:1972年)ブルース・リー出演。師匠を殺されたカンフーの達人が日本人道場と対決するカンフー・アクション映画。リーの魅力、ヒロインのノラ・ミャオ、敵との対決、ラストシーンが見せ場の名作。「なつかしの香港映画ブログ」。 1.上海「師…

『ドラゴン危機一発』「ストーリー&見所紹介」

(The Big Boss:1971年)ブルース・リー出演。タイに出稼ぎにきた青年が麻薬密売組織と対決するカンフー・アクション映画。リーのカンフー、二大ヒロイン、ベッドシーン、極悪社長との対決が見せ場の名作。「なつかしの香港映画ブログ」。 1.タイ出稼ぎに…

『ブルース・リー IN グリーン・ホーネット』「ストーリー&見所紹介」

『ブルース・リー IN グリーン・ホーネット』 (The Green Hornet:1966年)ブルース・リー出演。新聞社社長のブリット・リードと助手カトーが「グリーン・ホーネット」になって悪者と戦うアクション映画。三話をまとめた映画版。「宇宙人」も出てくる傑作。…

ブルース・リー『死亡の塔』をもっと楽しもう(後半)

とてもスピーディーなアクション映画でありながら謎・疑問が多い『死亡の塔』。名シーンを振り返りながら、もう一度観てみたいと思います。1980年製作。タン・ロン、ウォン・チェンリー、ロイ・ホラン、カサノヴァ・ウォン、ミランダ・オースチン。 (あらす…

ブルース・リー『死亡の塔』をもっと楽しもう(前半)

とてもスピーディーなアクション映画でありながら謎・疑問が多い『死亡の塔』。名シーンを振り返りながら、もう一度観てみたいと思います。1980年製作。タン・ロン、ウォン・チェンリー、ロイ・ホラン、カサノヴァ・ウォン、ミランダ・オースチン。 (あらす…

『Bruce Lee in G.O.D 死亡的遊戯』(2000年)「主な出演者」と「注目ポイント」

(あらすじ)「再現フィルム」+「オリジナルの『死亡遊戯』の格闘シーン」を見せる映画。長年の謎だった「塔での対決シーン」の全体像が明らかに。ブルース・リー vs カリーム・アブドゥル=ジャバーの「伝説の対決」が見せ場です。 『Bruce Lee in G.O.D …

『ブルース・リー伝説』「主な内容」と「注目ポイント」

(あらすじ)貴重な映像と写真でリーの人生を振り返るドキュメンタリー。息子ブランドン・共演者など「リーを知る人たち」のコメント、カンフーもの以外のレアな映像。リーのソックリさんの紹介もある見所の多い内容です。 『ブルース・リー伝説』 (主な内…

『ブルース・リーの神話』(1984年)「主な内容」と「注目ポイント」

(あらすじ)貴重な映像と写真でリーの人生を振り返るドキュメンタリー。サモ・ハン、ノラ・ミャオ、レイモンド・チョウの姿も。リーのソックリさんの紹介もある見所の多い内容です。 『ブルース・リーの神話』 第1章・子役時代の映像・父と共演・学生時代…

『ブルース・リー 死亡の塔』(1980年)「主な出演者」と「注目ポイント」

(あらすじ)相次いで死亡したカンフーの達人ビリー(ブルース・リー)とチンクー(ウォン・チェンリー)の「死の謎」を解くためにビリーの弟ボビー(タン・ロン)が日本で強敵と戦うカンフー・アクション映画。スピーディーな蹴り技が見せ場の作品です。 『…

ブルース・リー『死亡遊戯』(1978年)「主な出演者」と「注目ポイント」

(あらすじ)香港カンフースターのビリー・ロー(ブルース・リー)が国際犯罪シンジケート組織と戦うカンフー・アクション映画。リーが塔で3人の武道家と戦うシーン、リーのソックリさんが登場するシーンが見せ場の作品です。 『死亡遊戯』 1.ビリー・ロ…

『燃えよドラゴン』(1973年)「主な出演者」と「注目ポイント」

(あらすじ)少林寺の武術家リー(ブルース・リー)が「家族」と「少林寺の名誉」を汚した男と対決するカンフー・アクション映画。武道大会、怪しげな女たち、鏡の部屋での戦いが見せ場の作品です。 『燃えよドラゴン』 1.リー(ブルース・リー)少林寺の…

『ドラゴンへの道』(1972年)「主な出演者」と「注目ポイント」

(あらすじ)イタリアのローマにある中華レストランを奪おうとするマフィアと香港からやってきた中国人青年タンロン(ブルース・リー)が対決するカンフー・アクション映画。「リー vs チャック・ノリス」の伝説の戦いが見せ場の激しい内容です。 『ドラゴン…

『ドラゴン怒りの鉄拳』(1972年)「主な出演者」と「注目ポイント」

(あらすじ)中国人の武術家チェン(ブルース・リー)が「精武館」道場に圧力をかける日本人道場と戦うカンフー・アクション映画。「日本刀 vs ヌンチャク」などの緊迫感のある戦いのシーンが見せ場の激しい内容です。 『ドラゴン怒りの鉄拳』 1.チェン(…

『ドラゴン危機一発』(1971年)「主な出演者」と「注目ポイント」

(あらすじ)田舎からタイに出稼ぎにやってきた青年チェン(ブルース・リー)がカンフーで麻薬工場を潰すアクション映画。タイの犯罪者を倒しまくるシーンが迫力ある激しい内容です。 『ドラゴン危機一発』「主な出演者」 1.チェン(ブルース・リー)田舎…